<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

七人のワナ

個性的といえばあれだけ個性的だった、『マスサン』の七人衆。
あれでなぜ印象が薄かったんだろう。

そこで、『七人のマッハ』。
ストーリーはベタベタでしたが、七人はキマってました。
なぜか。結集後にそれぞれ得意技を炸裂させていたのですね。
ヤカン蹴りも拳法も器械体操も。
それにつられて「実は強い」村の人たちが次々と連鎖反応を起こす仕組みでした。
だから面白い。

『七人の侍』も、集結後にこそ個性が活きてましたね。
実はアレでした、がスタートになったんじゃ菊千代の存在意義もなくなります。

単純な話。

結集前に強烈な個性の発露を見せられると、その分展開に期待しちゃうじゃないですか。『七剣』もしかり。集団になったとたんに没個性。ドニー先生と黎明とその他状態。

『水滸伝』も七十回本に人気が出ていたようですが、やがて哀しき官軍の末路うんぬんより、銘々伝ですぱっと終わったのがウケた原因かも。一部を除いてほとんどワンオブゼム化だしねえ。バケモノ軍団『封神演義』は終わり近くまで個々のバケモノ振りが発揮されますね。もっとも大多数のキャラが封じられまくりで出番が短いですが、それ正解だったのかも。

『マスサン』の七人衆も、いじり倒しようがもっとあったんじゃないかと。
コスプレ娘くらいの濃さを各キャラが発揮してくれたらスゴいものになったのでは。
(縄跳び~オタクのパチンコ~お札~のコンボネタは笑えたぞ)
お勉強娘のシャーペンもナンパ野郎のテクニックも後半で実戦に役立ててほしかったなあ。
[PR]
by meshikagen | 2006-08-29 01:11

ネタバレ注意:『マスターオブサンダー』は対決が華

えと、帰還しました。
シェムリアップのコトやら、『蟻の兵隊』のコトやら、
ネタは尽きないのに単なる怠慢で更新してません。だめだ飯香幻。

んで。『マスターオブサンダー』見てきました。
倉田保昭vs千葉真一のガチ勝負は期待通りでした。
宝珠がうなり日本刀がきらめく!いやあ日本映画のアクションもすばらしい。
谷垣監督、いいところでワイヤーもCGも排してくれました。んで使うところはきっちり使う。

でもねえ。監督には申し訳ないんだけど、若手全員、不要。

随所に遊び心は感じるんだけど、なんだか煮えきりません。
ネタは充分。ナメてはいけないアフリカン、アキバ系オタク、コスプレ少女、
さりげにコワいお勉強少女、ツッパリ姐ちゃん、ナンパ君、そして一手先の読める主人公少女。
これだけ揃えておきながら、イマイチ七人の印象が残らないのは七人の器なんでしょうか。ちゃっちい学芸会ノリがなんとも残念。いっそクサイくらい弾けてほしかった。

大御所の見せ場をつくりつつ、若手の層の厚さを見せつける香港映画諸作品(『新警察故事』『精武家庭』『殺破狼』)のようなモノを期待していたのに、結局、千葉さんと倉田さん以降の世代の見せ場ってないじゃん?みたいなー。
[PR]
by meshikagen | 2006-08-28 00:05

魂の洗濯か、せこい値切り三昧の日々か・・・

人生に疲れました。
明日、遠いところに旅立ちます。


でも、20日に帰ってきます。
今回はシェムリアップね。
[PR]
by meshikagen | 2006-08-14 21:36 | 日日雑感