<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『ホテル・ルワンダ』(2004年 南アフリカ・イギリス・イタリア合作)

為政者の都合がいいように、差異を利用して住民を上下に分けてしまう。憎しみが生まれる。為政者は去り、憎しみは残る。普通に暮らしていた人の間に憎しみが広がる。ナタで殺しあう。でも家族や隣人だぜ?本当に憎いのか?殺したいのか?殺させたいのか?

100日に100万人が死ぬ虐殺事件が起こってしまったルワンダ。フツ族とツチ族の抗争、そして多数派フツ族による少数派ツチ族に対するジェノサイドとツチ族の反抗のさなか、武器(不満分子の間で周到に用意されていた!)を手に取った人々が互いに刃を向け合った。

四ツ星クラスのホテル支配人ポール。彼はフツ族だが妻の一族はツチ族。彼はただ、家族と仕事と隣人を守りたかった。矜持と良心が自分の職場に駆け込んできた1000人以上の人間を守りきった。『ホテル・ルワンダ』はそういう物語だ。

支配人ポールは頭脳で戦う。手段はぜんぜんキレイじゃない。ためらうことなく強い者に札束をふりかざし、家族の財産をも差し出す。食料調達のためには普段取引のある業者(これが先頭に立って虐殺を行う民兵組織のボスだったりする!)の元にも向かう。フツ族政府軍将軍にはワイロ攻勢をかけ、ハッタリをかます。結局のところ彼らを見捨てた「国際社会」の元に居る、白人の経営者に電話で懇願してフランス当局を動かすことまでやってのける。

限界はあったが仲間もいた。フツ族ツチ族を問わないホテルスタッフ達(トンデモナイのも混じっていたけど)。「何もできない」が、身体を張って本気でホテルを守り続けた国連平和維持軍の老大佐。ジャーナリスト、赤十字ボランティア、等々。なにより「お客様」全員が精神を保っていた。そしてすべてが動き出した。

「感動」については敢えて書かない。ただ、作品としてすさまじくよくできている。非常時にあってネクタイとスーツを欠かさなかった支配人が事件を通してどうなったか。象徴的な場面の描写には眼を見張る。

最後に。この映画は国内で当初配給会社の買い手がつかなかったこと。見たい人たち5000人の意思表示と、心ある配給会社の決断が公開に繋がったこと。そして現在でも全国で限られた劇場でしか上映される予定がないこと。都内ではたった一箇所のミニシアターでしか見られないという状況にあることを、記しておきましょう。
[PR]
by meshikagen | 2006-01-15 13:07 | その他映画

また感謝!

帰宅して某ソーシャルネットワークのサイトを見たらば、某さん(諸般の事情につき匿名)より、すんげーサイトの紹介メールが来てました。これで幻の作品が鑑賞できます♪。在庫切れでないことを切に祈ります。GETできて鑑賞したら、感想はまた後日♪
[PR]
by meshikagen | 2006-01-11 00:01 | 香港映画

感謝!

帰省していた同僚から、『千里走単騎』のDVD、おみやげにもらっちゃいました!!!
劇場公開前に見てやる~♪♪♪感想は後日♪
[PR]
by meshikagen | 2006-01-10 12:31 | 大陸映画

好きなタイプより嫌いなタイプの方が多いですね

キクちゃんさんから、タイプバトンもらいました。

Q1★好きなタイプを外見で!
・ヒトとして最低限の身だしなみを保っていること。
・できれば眼に力があるといいなあ。

Q2★年下が好き?年上が好き?
・こだわりません。

Q3★タイプの芸能人は?
・劉家輝。

Q4★恋人になったらこれだけはしてほしい、してほしくない、という条件を 。
「してほしいこと:」
・酒に付き合え!

「してほしくないこと:」
・ヒトの趣味にケチをつけるな!
・自分の見方考え方と異なるからといって一方的に「おろかなヒト」
 「あまり物事を考えてないヒト」と決め付けるようなヤツとは、
 金輪際つきあいたくない!!たとえ大金持ちでも学者センセイでも。

Q5★今までの恋愛経験の中で、この人はタイプだったなという人のエピソードは?
・考えてみればつきあった&惚れた相手のタイプって一定してないわ。

Q6★よくハマってしまうタイプをあげてください。
・話がおもしろいヒト
・いい意味での策略家。『三侠五義』の蒋平さんみたいなヒト(読んでない向きにはスマヌ)。

Q7★あなたを好きになってくれる人はぶっちゃけどういうタイプ?
・こまかいコトを気にしないヒト(でなければもちません)。

Q8★どっちのタイプかで答えてください。
「甘えるor甘えられる」
・どっちが?自分が?それとも相手が?
・自分・・・となると甘えっこですね。でもすでに年齢が許してくれない。

「嫉妬する?」
・しないといえばウソになります。

Q9★渡す相手を5~10人で答えてください♪
・好きに持ってってください。
[PR]
by meshikagen | 2006-01-09 13:05 | 日日雑感

こちらも増殖中

仕事始まりました。職場チームの仲間が2人増えました。
いまどきC言語のスタッフって集まりにくいのね。関係各社が東奔西走してるはずなのに、なかなか集まらず、でもまあ弊社から確保できたので、良しとしませう。

それはいーけど、彼ら仕事熱心。自分の仕事に納得が行くまで帰宅しようとしません。おかげでおいらも帰れません。いやうれしい悲鳴です。この調子でJavaの仕事も手伝ってください(をい)。序盤で飛ばし過ぎないように早くスケジュール安定させなきゃ。これからがキツイんだから。
[PR]
by meshikagen | 2006-01-07 11:05 | 日日雑感

『八犬伝』。ただし八房不在。

えと。2日と3日にTBS『里見八犬伝』をおとなしく見ていたわけですが。
まあ2、3の点を除けばそんなに悪くもなかったかなあ、と思ったわけですが。
でもさあ、その2、3が大きいのだよ。

最大の欠点は八房スルーでしょ。やっぱり。
戌年企画だってえのに、なんで「なかったこと」にされてるんだよ八房。
安西景連の首エピソードごと、ごっそり削除しますたって!
しかも玉梓ガ怨霊が「男どもの欲望が呪いの子を孕ませた」などと余計な台詞まで言う始末。あれじゃ八犬伝知らないヒトが見たら、伏姫懐妊の原因をおもいっきり誤解しますって。

敵将の首を取った犬に姫様が嫁ぐという、中国古代の伝説、高辛王の姫君とバンコの物語を母体にした、序盤では絶対にはずせないエピソードじゃないですかあ。絵的にも見たかったですよお、景連の生首ゴロリと勝ち誇った犬。意を決して八房に跨り山を駆ける姫様。

おかげで牡丹の花の痣が根拠なくしちゃったじゃないですか。で?里見家の家紋??八犬伝では「丸に一引き」でしょ。NHKの人形劇でもそーでしたが。

作品全体ではまあ悪くはなかったんですけどね。しかしこんな大事な話なんですっとばすかね。庚申山の怪猫だってCGバリバリでやってたんだから、牡丹のブチのワン公登場させるくらいワケナイことだったハズですよ。

それにしても。みんな軽功つかいすぎ!特に犬塚信乃!
[PR]
by meshikagen | 2006-01-04 23:40 | 日日雑感

めでたさも中位なり

あけおめ。 ことしもよろしく。

今回の年末年始は短い。ごろごろしているうちに終わってしまいそうだ・・・
飯家の今年最初のイベントは味噌造り。茹でた大豆を布袋に詰め込んでひたすらクラッシュ。これでもかどばかりに棒で叩きまくるが、意外と粒が残るものだ。そこに豆300gに対し、麹1袋と塩。あとは焼酎を含ませた布と石を上において、ただ放置。半年かそこら放置。

去年は母一人で1キロ製造していたのだ。今年は一家総出ゆえ2キロ。
手前味噌とはよく言ったものだが、それでもやはり、うまいのだ。手作りは。

さて。そろそろ初詣にいかねばなるまいが、犬関連の神社仏閣はどこだ。戌年のうちに北京の哮天犬石像にも逢っておきたいものだが、さて。
[PR]
by meshikagen | 2006-01-02 00:08 | 日日雑感