<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クミョン(『チャングム』第48回ネタばれまくり注意)

えと。『チャングムの誓い』も大詰めまできちまいました。
最大の見せ場が終わり、事実上の最終回なんじゃあ?な48回も過去の話です。とはいえ、これからがチャングム自身の戦いなんですね・・・

その陰で独り、スラッカンを去った女性がいました。BGM:APNA
チェ・グミョン。最高尚宮にまで登り詰めながら、何一つなし得ることなく、誰一人仲間を得ることもなく、そして自分の意志では悪事も果たせなかった女性。チェ一族栄光の歴史も彼女の代で終わり(サリョンがまだ宮中にいますけどね。でも幼いし)。

躊躇の最中に生きるしかなかったクミョン。
見ていてとても歯がゆかった。自分で状況を変える努力くらいしろ、さもなくばどこかで思い切って、いっそ暗黒面へGOして楽になれ!と何度も思った。

でも、普通の人なんですよね。チェ尚宮やチャングムとは違う。ミン尚宮もどちらかといえば普通の人なんだけど、あれはあくまで「ポジティブ」な普通の人。だからこそクミョンの退場を惜しむ人は案外多いのです。心情的には一番おいらたちに近いヒトかもしれない。でも実力があって、チャングムに匹敵するほどの料理人だったのにね。

てゆーかツイてなさすぎ。幇会でもそんな話が出たね。いや全く。
躊躇を振り払ってコトをなす度に、なんにも知らないチャングムに出くわしてしまう間の悪さ。

気が進まないのに一族の為に呪い札を隠そうとすると、母日記を探しに来たチャングムと遭遇。
硯をチョンホに届けようとすると、先に別件でチャングムがお弁当持ってチョンホの元に。
お仕事だから皇后様のために夜食をお運びすると、皇后が偶々所望した同じメニューの夜食を先に持ってきていたチャングムに遭遇。

ホントに偶然だった、それなのに。
ここまで運に見放されていたクミョン。
でもそうであるにも関わらず、中途半端だろうがなんだろうが、チェ尚宮と同じ呪いに染まることなく、最後までクミョンでい続けた彼女は、やはりタダモノではなかったのかも知れません。

宮中を去るときに、チョンホに返した寸鉄の言葉。すっぱりと昨日までの自分を振り切るための一言になりえたのでしょうか。いや、あれくらい言って当然だと思うぞ。

某コミュニティとか見てると、彼女のその後について、「料理の店を開き、そこそこ繁盛させて、娘でももうけて女官に送り込むんじゃないか」な予想をしているヒトが少なくありませんね。そそ、全てを失ってしまった訳じゃない。腕を活かして幸せになって欲しいぞクミョン。がんばれクミョン。
[PR]
by meshikagen | 2005-09-27 22:46

波及効果

仕事の話。来月からの参加プロジェクト、郵政民営化がらみの案件ぽく決定しそうです。

とーとー飯の種になったか民営化。システム化うんぬんで民営化スケジュールが遅れるとかなんとかって言われてたけど、コレに自分も関わるワケね。そーいや2年前にも地上デジタル放送がらみの仕事してたし、時勢は飯の種、いやデスマーチの種をもたらしてくれるモノらしーす。
[PR]
by meshikagen | 2005-09-23 11:36 | 日日雑感

一点に笑う者は一点に泣く

さて、自民大勝ですが。

年金とか外交とか少子化とか・・・は、「さておき」、よくも悪しくも、「具体的に実現しそうな」策を訴えた与党と、これに応じて投票した有権者の合作で第一幕は降ろされたようだ。

とりあえず郵政民営化。この一点だけ。
民営化後も国債をある程度買わなきゃ行けない以上、実効性にギモンの声も確かにあるのだが、国営金融機関ではでなくなるコトで、民間のルールが適用されるし、財投債のモトにメスが入る。この一点。

単なる一政策だけでなく、総合的に判断しなければならないのは薄々わかっていながら、それでも具体的な「解」を郵政民営化に求めたのではないか。「政権交代」で世の中薔薇色に変わるか。細川政権を経験している国民は、もはや単純には動かない。

確かに、多方面に言及した民主党の主張は間違っていない。むしろ正論だったろう。しかし具体的に何をするのかが見えなかった。代表が熱っぽくマジメに語っても、裏付けるものが伝わってこなかった。たとえば失業保険交付完了後にも2年間、10万円ずつの手当を支給するという手厚い案は結構だ。しかし、そんな党に政府機関を解体するほどの改革が可能なのか。郵貯限度額半減はいいが、組織そのものにメスを入れられないのは、「そういうコト」じゃないかと判断されてもしょうがない。

とはいえ、「この一点」だけで日本の政治はすまされない。少なくとも首相任期が終わるまで、小泉さんの政策と国民とは「まるごと」一蓮托生なんだけどな。我々にその覚悟はあったのか。投票はいわば「共犯」。だから年金政策にせよ外交にせよ少子化にせよ、何が決まり、どう動くのか、眼を離しちゃダメですぜ。
[PR]
by meshikagen | 2005-09-13 23:24 | 日日雑感

劇場見物ばかりしてないで、参加したかい?

参考資料激少。
劇場型選挙の陰で忘れさられがち。
そして当日、用紙を手渡されて「このヒトたちを、どう判定せよ、と」・・・

でも、あるんですよね。最高裁判所裁判官国民審査。

いや、自分も毎回「?」で帰ってきてしまうのですが。
次回はちゃんと研究しておくことにしよう(といいつつ毎度だな)。

さて。本日のメインイベント劇場最終章。いや、劇場化はともかく、観客オンリーはやめようぜ、みんな。そして選ばれたからには仕事してくれ!議員諸君!

あとは今夜の決定を待つわ。
[PR]
by meshikagen | 2005-09-11 10:03 | 日日雑感