カテゴリ:邦画( 1 )

『白夫人の妖恋』

邵氏父子公司と東宝の合作映画。監督:豊田四郎。 特撮監督:円谷英二。1956年の作品ですね。冒頭のロゴマークが渋いです。フィルムセンターで7月3日に上映されてました。古い作品なので観客にはお歳を召した方が多かった。

お話は『白蛇伝』。気になる白娘子は山口淑子。飯香幻は初めてこのヒトを銀幕で見ました。うーんやはり、一度は李香蘭時代の作品も見てみたい。そして小青が若い若い八千草薫。

京劇盗仙草を思い浮かべてはいけません。白娘は恋に狂うし法力も使うけど、剣で戦ったりしません。茅山道士を宙に飛ばしたり、金山寺のVS法海禅師戦では洪水を起こしますけどね。東宝の特撮が活かされる場面です。でも本人は呪文を唱えるだけ。しかしなー「あびらうんけんそわか」はないだろ。せめて「急急如律令」ぐらいにしてほしかった。僧侶たちの衣も墨染めだし。

異類婚姻譚だし、もちっとファンタジックにしているかと思いきや、怪談ぽい雰囲気で、男女の情念が思いの外強調されてましたね。「女の愚かさ故に法力を使い、許仙さまのおそばに居られることだけを願い」なんて台詞もあって、まあ可愛げはあるんだけど、今の感覚としては正直ちょっとなあ・・・。

そのせいか、ラストも白娘が雷峰塔に閉じこめられたりしてないですね。「この世に居ては成らぬ」とばかりに、法海の手で、許仙ともども二人とも魂だけにされて、妖しくただよいながら昇天してしまいます。

となると、やはりショウブラ単独で製作した『白蛇伝』も俄然気になってくるなあ。たぶん全然ちがうぞ。
[PR]
by meshikagen | 2005-07-05 00:47 | 邦画