年に一度のカキコミ。2008年、飯香幻の映画ベストテン

さて。「飯香幻が2008年に劇場で見た映画」の総括といきますか。

第10位『ハッピーフライト』
第9位『モンゴル』
第8位『さらば仮面ライダー電王』
第7位『インビジブル・ターゲット』(男兒本色)
第6位『おくりびと』

こーやって列挙するとアジア圏の映画しか見てないような印象を受けるだろうか。実は『ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛』も『インディージョーンズ・クリスタルスカルの王国』も見ている。ベスト10圏外なのだ。

■第5位『エグザイル・絆』(放・逐)監督:杜琪峰
友を撃つ激しい銃撃戦、そして一転、友を迎える集団調理と熱い飯!
登場するのは戦う四十代の悪ガキどもと、戦わせるクソ野郎・組織のボス。
由緒あるマカオの街。狭い部屋での銃撃戦が展開されたかと思うと、さびれた荒野をムダにダベりながら続くロードムービー展開へ。
御都合主義満載なくせに、説得力を持って迫る映像は、やはり名匠トー監督のなせる技です。

■第4位『クレイジー・ストーン』(瘋狂的石頭)監督:寧浩
大陸映画を見始めて二十余年。こんなに笑えた映画は初めてだった。(失笑・苦笑なら枚挙に暇がない)

内容は、再開発の工場跡から発見された翡翠をめぐる争奪戦、という実にシンプルなドタバタもといドカバキコメディー。

屋台のおもちゃかと見紛うよーな翡翠のくせして百万元のお宝。
守るは前立腺がおかしい小心者の警備員。狙うはマヌケなコソ泥トリオ。
そして香港からやってきた腕利きのトレジャーハンターが、スローモーションで颯爽とコートの裾をひるがえしながら登場する!(ここまでリスペクトされてんだよ?ジョン・ウー。だのに赤壁は…)

こんな純正バカ映画が公開されるなんて、大陸も捨てたもんじゃない。
寧浩監督の次回作『銀牌車手』が楽しみです。

■第3位『ラスト、コーション』(色・戒)監督:李安
某赤壁映画で、梁朝偉のベッドシーンをダメ認定してるそこのあなた!
それは、違う!是非本作を見るべし!

とはいえ、これは湯唯の湯唯による湯唯のための作品といっても過言ではない。刮目して見よ。ベッドシーンは主役二人の力関係や感情の変化が如実に見て取れる重要な位置にあるが、映画初主演の湯唯が堂々と演じきっている。そして戻れないところに来てしまった湯唯の耳に聞こえる街の人々の声。名作ですわ。

■第2位『ミラクル7號』(長江七號)監督:周星馳
前作が懐かしいネタの洪水だったのに、今回は現代中国そのもの。
若ぶらない周星馳。実際と同年代ぽい役柄がしっくりしてました。
使用済の七仔(ちゃっちゃい)と少年(役柄が、ね)の居る日常風景には、思わず涙しました。あんな超能力の場面の後だけに。

(ぼそ)中国の宇宙開発を皮肉った内容にするんじゃなかったっけ? ムリだろうけど、そーいうのも見たかったなあ…。

■第1位『文雀』 監督:杜琪峰
のっけから、繕いモノやってるサイモン・ヤムだぜ? 変だろ?
ゆる~いBGMにのっけて、颯爽とチャリンコ転がす任達華と仲間たち。
にこにこ上機嫌で一台に四人乗りしているヤツらは文雀(スリ)。
そしてヤツらの懐に飛び込んできた文雀(ブンチョウ)みたいな女。

だましだまされ連中の物語はすすむ。
スリたちの武器は一寸ほどのカミソリ。
しかしこれは衣服を切るもの。肌を傷つけるのは流儀に反すること。
だから、この映画は誰も死なない。トー作品なのに。
にもかかわらず、緊張感が随所で光る。ラストは暗闇の対決。

あと、背景にも着目してもらいたい。
90年代以降の建造物を注意深く排した、選び抜かれた風景。
すでに職人技という言葉すら陳腐だ。

映画祭上映だけで終わらせるのは勿体ない。是非、劇場公開してほしい。

…とまあ、私的ベストテン並べてみました。
この他、ドキュメンタリーなんかも見てます。『靖国』『未来を写した子供たち』など。
これらも秀作でした。

では、2009年にまたお会いしましょう!
[PR]
# by meshikagen | 2008-12-28 00:46 | その他映画

映画オールタイムベストテン!!

なんだか面白そうなのでこんな企画に乗っちゃいました。

1. 『青い凧』(藍風筝) 1993中国 田壮壮監督 呂麗萍、易天、張文瑶、陳小満主演

政治がタチ悪いのは、誰かさんの「晩年の誤り」なんかに帰するモノなんかじゃない。
誰がわるいわけではないのに、誰もがお互いに首を絞めあう。
明確な教条と見えないルールとがお互いをがんじがらめにする。
そんな仕組みそのものを作り上げること。
少年は大切なひとを次々失いながら、しかし心に何かを溜めていく。
眼に映るのはもはや舞い上がることも手元に置かれることもない、破れた凧。
ストーリーを語るのではなく、映像を重ねることで、少年の見た世界を懸命に伝えようとした監督は、その後十年の沈黙を余儀なくされた。

2. 『おもちゃ』(小玩意) 1933中国 孫瑜監督 阮玲玉主演
この作品の名シーンは3つ。
1)泣きじゃくる子供の涙を母親が指で弾く。うん、ほほえましい。
2)母の涙を瀕死の娘が微笑んで指で弾き、事切れる。
文章で書くとなんだかあっさりだが、阮玲玉(母親)と李莉莉(娘)の演ずるこれは、おいらの中では屈指の名シーン。
3)運命に翻弄されて気がふれた老女阮玲玉が、爆竹と空襲を聞き間違え、あわてふためいて周囲の人々に避難と抵抗を呼びかけまわるラスト。彼女の焦燥は怒りへと変わり、いつしか人々も巻き込まれていく。おそらくは観衆すら巻き込んでいったんじゃないかと思うほどの迫力だ。

3. 『ドラゴンへの道』(猛龍過江)1972香港、李小龍監督・主演
異郷で同胞のために身体を張るお兄さんというパターンは、『唐山大兄』と同じだし、構図的には『精武門』も似たようなものだが、やはりこれはボディー・ランゲージが印象に残る。
余談。旅行中、コロセウムで猫を見かけた際に思わず写真撮っちゃったのは、なんだか心の隅にこの映画が残ってたせいですね。
   
4. 『少林三十六房』 1977香港 劉家良監督 劉家輝主演
とにかく修行時代が楽しい。
そして後半、三徳和尚の呼びかけに応じ、南少林伝説を彩るメンバーが一人また一人と結集していくのが楽しい。だからあの日本語字幕、さっさと何とかしてほしい(まだ言ってる)。
 
5. 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ天地大乱』(黄飛鴻之男兒當自強)
1992香港 徐克監督 李連杰主演
李連杰が舞う!・・・え?ドニーも主演だろって?  

6. 『片腕カンフー対空とぶギロチン』(獨臂拳王大戦血滴子)1975台湾、王羽監督・主演
『片腕ドラゴン』と比べてもこっちに軍配があがります。
どーみてもそー見えないインド人も、唾ぺっぺのムエタイボクサーも、「参考にされる」無刀流のサムライも、愛すべきヤラレ役です。
ギロチン爺も素敵な敵役です。
でも一番のワルは壁をすたすた歩く重力無視の片腕センセイだということは衆目一致だよね、ね?

7. 『英雄十三傑』(十三太保)(1978香港 張徹監督、狄龍・姜大衛主演)
『新獨臂刀』とどっちをランクインさせるか、迷った挙句、こっち!!
颯爽と登場する若武者姜大衛が、張徹監督の過酷な美学に翻弄され、兄弟愛と裏切りの狭間で血みどろになって砕け散る!
んー。それ言っちゃうと、『刺馬』もそーなんだけど。

8. 『グリーンデスティニー』(臥虎蔵龍)2000中国・アメリカ 李安監督 周潤發・楊紫瓊主演
ワイヤーって凄い!とゆーのを素直な気持ちで鑑賞できた作品。
楊紫瓊vs章子怡のシーンだけでも御飯三杯いけちゃいます。
鄭佩佩については『大酔侠』もあわせて見たい。

9. 『カンフーハッスル』(功夫)2004香港 周星馳監督、主演
香港に文化が無いなんて、誰が言った??
重層的にぎっしり積み込まれた武侠ネタや古の映画ネタの数々が強烈なスパイスとなって我々に楽しく襲いかかる!残念だが異文化に育ったおいらは、まだまだその半分も味わえていないかもしれない。
でも、そんなの関係ねーっちゃねーんです。
頭を空っぽにしても、予備知識無くっても、喜怒哀楽ぜんぶ感じるから名画なんだ!

10. 『酔拳』1978香港 袁和平監督、成龍主演
八仙だし、黄飛鴻だし、なんといっても赤鼻袁小田はぼくらの心の師匠です。

あー。番外編に入れたいお気に入りがまだまだあって困る~。
[PR]
# by meshikagen | 2007-12-14 02:29 | その他映画

回来了

帰ってきましたー。

台風のため桃花島には行けませんでしたが、現地旅行社、主催旅行社、それに某大侠など皆様の御尽力により象山の撮影所見学ができました。関係各位にすげー感謝。

その後の個人旅行では、開元寺で念願の孫行者レリーフを拝見することができ、泉州少林寺では少年僧の日常風景にも触れることができました。コロンス島も風情があってよかったす。
さあ、月曜日から仕事ぢゃー。
[PR]
# by meshikagen | 2007-10-15 01:06 | 日日雑感

ももはなじま

そんなわけで、6日から桃花島です。某大侠ほか武侠な皆さんと一緒です。
でも、台風15号が来てるんだよね。浙江省に来るなよ、来るなよ~!!
10日には武侠な皆さんとお別れして、台風一過(と思われる)の福建省を目指します。
目的は、泉州少林寺!!
[PR]
# by meshikagen | 2007-10-05 00:25 | 日日雑感

注意!ネタバレかつボロクソに言ってます:『傷城』

金城武も粱朝偉も嫌いじゃない。『無間道』はよくできた作品だった。
だから期待してたんですけどねえ。

傷だらけでした。見終わった自分の期待もなにも。

犯人が示されたあとの謎解き。だから謎解きが主眼とはもとよりなりにくい。
男2人の心理劇であることは、わかる。
とはいえさらに観客を撹乱させることもなかったでしょうが。
ストーカーなんてあれ意味あったの?同姓同名ネタには失笑したよ。
都合よく偶然を重ねていってつくりあげたストーリー。
もう見てらんねえ。

だいたい二面性を表現するって難しいんだと思います。
どうしても片方がウソくさくなるのを免れ得ないから。
とはいえ、『無間道』の劉徳華は悪と狂気と苦悶をよく滲ませていたんですね。
ヘタに恋愛なんか絡むからウソくささ倍増だったんよね。『傷城』。

そもそも愛してなかった男が、それでも愛してしまって苦悶する、てんならまだしも、相手が「仇の実の娘ではない」と聞かされた途端、「いとおしくなって」豹変しちゃうんだもん。
ここでもうブチ切れですよ。

まあ金城クンの役どころにしたったって、都合のいい女を愛してしまって乾杯、な訳で。
いっそ、劉正煕こと陳偉強と対決してほしかったんだよな。

「トラウマ抱えて妻(彼女)がいとおしくて」展開で運命を背負った男たち、てのが、やはりハリウッドリメイクの格好のネタなんだろうよ。劣化2匹目のドジョウにならなきゃよいが。
[PR]
# by meshikagen | 2007-07-16 20:57 | 香港映画