2005年 06月 12日 ( 1 )

「ワシはパイメイではない」

実は日記をつけるのが初めてだったりします。
プロフィールの写真、おそまきながら貼りました~♪

で、写真のコイツですが、『キルビル2』でお馴染みの白眉道人に似てるけど違うヒトです。

『洪文定三破白蓮教』の白蓮道人。白眉道人の兄弟子です。演ずるのは羅烈監督。あー『洪煕官』でパイメイやってたヒトですね。パイメイといえば、敵が5歩歩くと心臓停止を起こしてしまう必殺拳の持ち主として知られつつありますが、あれはキルビルネタ。元祖は『洪文定三破白蓮教』白蓮道人の「百歩追魂掌」。主人公洪文定(劉家輝)はこれで危うくなります。もっと弱い庶民向けには七歩バージョンもあります。

「わしはパイメイではない!」
劇中、ホントに言ってます。冒頭でパイメイvs洪文定対決シーンがあるのに、ひっかけているのよね。

----------------------------------------------------------------
2005年06月12日14:50 空心菜さん:

こんにちは。早速飛んで参りました(笑)
今ちょうどショウブラ『洪煕官』を見終えました。
なんて良いタイミングなんでしょう!
中国語で見たので、あまり理解できませんでしたが面白かったです。
『洪煕官』と言う題名なのに息子の方が強いんですね;
ねずみに感謝と言った所でしょうか(笑)
白眉は黙ってると怖いのに得意技(?)がアレなので見ていて笑えました。
DVDのオマケ映像に”洪拳三路”が収録されていて得した気分になりました。

-----------------------------------------------------------------
2005年06月12日19:34 飯香幻
を。いらっしゃーい。
>『洪煕官』と言う題名なのに息子の方が強いんですね;

パパ立場ないよー。つかガンコすぎだよー。

>白眉は黙ってると怖いのに得意技(?)がアレなので見ていて笑えました。

キルビルファンなら、コレとか白蓮道人とか必須でしょう。
やはり『万年青』まで押さえなきゃダメかな・・・あのワザも出てくると言うし・・・。

--------------------------------------------------------------------
2005年06月12日20:43 イチヨウさん:

こんにちは。足あとをたどって参りました。
ショウブラコミュご参加ありがとうございました。

我ながらマニアックに暴走する節もありますが、なにとぞよろしくお願いします。『洪文定三破白蓮教』はオープニングから燃えますね。

--------------------------------------------------------------------
2005年06月12日20:53 飯香幻

をを。熱烈歓迎でございます>イチヨウさん
ショウブラコミュには今後とも御世話様になりますです。
姜大衛、狄龍、傅声・・・そそ。こーいったヒトたちが日本でもっともっと知られるべきなんですよね。

>『洪文定三破白蓮教』はオープニングから燃えますね。

まさか白眉バトルから始まるとは思わなかったです! 羅烈、見せてくれますねえ。ストーリーの運び方とかウマイす。

--------------------------------------------------------------------
2005年06月19日10:26 momoさん:

こんにちは。

最近のカッコつけすぎる香港映画について行けない(『グリーンディスティニ-』とかからダメ)ので新しいジャンルを知ることが出来てとても喜んでいます。

香港に居たとき、10HKDのVCDとか買いまくったのに何でショウブラ作品入ってなかったんだろ? 多分ジャケが地味だったからかな?

『洪煕官』今日あたりビデオ屋で探してきます。洪煕官と言えば洪家拳ですよね。馬歩で人差し指立てつつ両手を前に出して「ハァーーー」って動作ありましたよね?

今後ともよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------
2005年06月19日16:26 飯香幻

momoさん:
こちらこそ、よろしくお願いしますです。香港に居たそうですが、いつごろのコトでしょう?自分は87~90年8月ですが。

>洪煕官と言えば洪家拳ですよね。馬歩で人差し指立てつつ両手を前に出して「ハァーーー」ってと

自分は武術に詳しくないですが、人差し指立て両手出し「ハァーーー」は、DVDのおまけ影像でよく見ますね。

>何でショウブラ作品入ってなかったんだろ? 

リマスターがごっそり発売になってのは、一昨年くらいからじゃなかったでしたっけ。

>カッコつけすぎる香港映画

賛否両論ですねー。体術と技術が相乗効果でイイ方向に作用すればCGバリバリでも割とOKなのですが(『臥虎蔵龍』はキライじゃないですし)。下町臭を排除した『夕陽天使』のような路線も今後は伸びていくのでしょう。

でも、70年代の体当たり感や、張徹監督モノの男臭さも捨てがたいものですね。
--------------------------------------------------------------------
2005年06月20日10:19 momoさん:

めしかげんさん
私は、2000年-2001年に交換で中文大学に居ました。確か91年に一度昆明から香港に抜けたこともあります。80年代の香港を見られているのは、とってもうらやましいです。

>リマスターがごっそり発売になってのは、一昨年くらいからじゃなかったでしたっけ。
そうなんですか。あんまし熱心な映画ファンではないので知らなかったです。でも、『一代女皇』の潘迎紫の出ている映画が『邵氏獲選名片套裝 』に入っているので、購入する予定です。張徹監督の作品も入っているようなので、楽しみです。

カッコつけすぎるってのは、ビジュアル重視のあまりちょっとストーリーが弱いかなーと感じている程度です。『英雄』の秦軍の「大風!大風!大風!」にはコロッとやられました。(笑)

--------------------------------------------------------------------
2005年06月23日06:23 飯香幻

潘迎紫・・・・えーっと(検索中)、あー。ジミー先生の○○を××したヒトですね。すんません自分この程度ですよ(笑)。

>カッコつけすぎるってのは、ビジュアル重視のあまりちょっとストーリーが弱いかなーと感じている程度です。

例えば『十○埋伏』とか・・・でしょうか。アクションに徹するか3人の心理をもっと掘り下げて丁寧に描くか、どっちかにしてほしかった(泣)。もっともズボンをおろさないあたりにケチをつける自分も自分ですが。
--------------------------------------------------------------------
2005年06月23日22:37 momoさん

めしかげんさん:
『十○埋伏』ズバリです。○○・××とっても聞きたいです。パイメイからどんどん離れてすみません。もしよろしければ、次回の関東幇会参加させてください。
--------------------------------------------------------------------
2005年06月24日00:08 飯香幻

momoさん:
関東幇会に入会されるなら、まずココに加入手続きをとって頂くことになります。
(略)

さらに幇主吉梨どのにも御挨拶するコトを強く推奨いたしますですよ。

>○○・××
ネタバレ厳禁なので(笑)。ジミー先生御本人のコトというより、『獨臂刀』ネタですね。
[PR]
by meshikagen | 2005-06-12 23:31 | 香港映画