『マルチュク青春通り』

2004年韓国作品 監督:ユ・ハ 主演:クォン・サンウ

韓流の影響で整理券配布の噂だのなんだので、初日に見れるかどうかかなりヤキモキさせられましたが、ちゃんと見れました。おいら位の中年女殺到かと思っていたら、若いファン多かったですね。

『精武門』に始まり『酔拳』に終わる、朴正熙政権下のハイスクール・グラフティ。1978年が時代設定。あんな乱闘や決闘は抜きにして、まあ自分らの高校時代の男子生徒の有様をみるような感じでしたね。
そりゃ軍人さんが校内で闊歩するのもなしだけど。

マジメな転校生だけどイマイチ自己の確立していない主人公ヒョンス、熱い漢なんだけど結構演出に巧みな番長ウシク、清純な外見なんだけど意外としたたかな先輩女子・ウンジュ。ラジオ深夜番組やら、押し花つきのリクエスト葉書(うわあホントにやってるよ)やら、ギターやらといった懐かしアイテムに彩られた、本人達は真剣な(だけど、なにやってんだ的な)ウブな恋模様展開。だって「この世の終わり」だしねえ。

でもって最重要アイテムがヌンチャク。

なんだかんだあって自己をヌンチャクで確立しようと試みたヒョンス。截拳道教本による自己トレーニングで、ここまで鍛えたか。少年雑誌の裏表紙に広告の出ていた「キミも強くなれる!」系の通信教育トレーニングテキスト本は何を隠そう自分もホントは欲しかったんだが、それを具現化してくれちゃったクォン・サンウの肉体美。

でもさあ決闘の場に着く前に後ろからガツンはないと思うな。しかも親御さんの土下座に終わるしかない結末。いや、所詮校内暴力だし。
退学処分になるのが見えていて、申し訳ない思いに駆られる息子にかける、オヤジの言葉「ブルースリーは大学行ったか?」はしみじみ名台詞ですね。もちろん実際は李小龍がワシントン州立大学哲学科に行ってたことなど、監督は百も承知でしょう。


そして時代はブルースからジャッキーへ。『酔拳』へのオマージュ、黄飛鴻のテーマがBGMに流れる中、ストップモーションですっぱり終わる結末は拍手モノ。だからそこで「劇終」の文字をバーンと入れて欲しかったよ。

------------------------------------------------------------
議論の余地:
その1:トッポッギ屋のおばはんにヒョンスは「奪われた」か否か。
     ・・・いや、逃げてきたならそれなりの描写とかあると思う。

その2:甘味屋でヒョンスがフォークにアンパンを突き刺して食ってたのは、ネタか否か。
     ・・・ウンジュの側にもフォークがあったし、他にフォークを使うようなモノも置かれていなかったので、ひょっとしたら韓国ではマジでそんなパンの食い方するのだろうかと気になった。いや、劇場内では笑いを取ってたけどね。
[PR]
by meshikagen | 2005-07-17 10:47 | その他映画
<< 地震、肩こり、ハリ、おやぢ (ネタバレまくり)『スターウォ... >>